HERE I AMS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Wim Crouwel / 80 20 100

wim1wim2wim3


Wim Crouwelの展示会"80 20 100"のオープニングに行って来ました。Wimさんの80歳の誕生日&アムスのデザイン本屋さんNihof & Lee(アムスに来る際はマストなお店)の20周年を記念して、Wim Crouwelの作品100点を展示販売するという素晴らしい企画。StedelijkとかではなくてVivid Galleryという小さなギャラリーで展示する感じがアットホームですごくよかったです。

Wim Crouwelは戦後オランダのグラフィックデザインを引っ張って来たデザイナーで、コンピュータのない頃からすごく今風なデザインをしてきた人。1969年とかのポスターとか、全然今のグラフィックよりも新しく見えるから恐ろしい。

会場につくと、なんとそのWimさん本人が普通にワイン飲んでくつろいでる!ミーハーに握手をしてもらいつつ(手はしばらく洗いません)、僕のすごい好きなvorm geversのポスターについてあれこれと質問に答えてもらい、こんなこともあろうかと(?)持参した"New Alphabet" にサインをしてもらいました。(普段は本にサインなんて絶対許せない性分なんですが...)

こうやって相当すごいデザイナーとカジュアルに出会えてしまうのがオランダのいいところだなぁとつくづく思います。

Wim Crouwel → http://en.wikipedia.org/wiki/Wim_Crouwel
Nijhof & Lee → http://www.nijhoflee.nl/design/typography/
Vivid Gallery → http://www.vividvormgeving.nl/
スポンサーサイト
  1. 2008/10/12(日) 14:12:30|
  2. Amsterdam情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<anne de vries | ホーム | adidas digital>>

コメント

おらんだ

まーしーが行くまでオランダがそんなにクリエイティブな街だとは知らなかった。
  1. URL |
  2. 2008/10/12(日) 10:46:18 |
  3. さヵゐゆぅき #67oAcE0k
  4. [ 編集]

尊敬しています。

初めてコメントします。
私もWim Crouwelさんを尊敬しています。 が、現役で仕事をされているかどうかは知りませんでした。
僕は、彼の手がデザインされたTシャツを持っています!!!(ちなみに日本製です)

同様に、イギリスのAlan Fletcherさんなども同世代的くくりで、とても尊敬しています。

彼らの作品を見ますと、やっぱり手が大事だとつくづく考えさせられます。
  1. URL |
  2. 2008/10/15(水) 07:54:27 |
  3. takeo #NY3daVv2
  4. [ 編集]

いいですね!

こんにちは。 11/24からまたオランダに行くので、観に行こう!と思ったら
11/23まででした…残念。。
でも、5月にロッテ行ったときは、vivid行けなかったんで行ってみます。
あと、ボイマンスのエントランスが新しくなったみたいですねー これは良さそう。
http://www.designws.com/pagina/1boijmans08.htm

余談ですが、いま東京でproefのマライエさんの展覧会が開かれていて
先日レクチャーに行ってきました。(おおいに刺激をうけました)
http://www.axisinc.co.jp/publishing/exhibition/200810.html


  1. URL |
  2. 2008/10/27(月) 20:58:12 |
  3. miho #kbrXdde.
  4. [ 編集]

ふ~む

面白いですね。検索からきました!足跡させて頂きました。
  1. URL |
  2. 2008/11/06(木) 05:58:05 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://masashik.blog44.fc2.com/tb.php/49-cdebc3a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

masashi kawamura

Author:masashi kawamura
アムステルダムにあるクリエイティブエージェンシー"180"での暮らしについてゆるゆると書いていましたが、NYのBBHへ移籍したので、そこでの暮らしを引き続き書いていこうかと。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。